上映作品

プログラム時間

プログラム(幼児〜 向き)    開場/10:30  開演/11:00

プログラム(幼低学年〜 向き)  開場/14:00  開演/14:30

世界中から届いた名作・秀作作品

アマールカ
チェコ
映画祭メインキャラクターのアマールカちゃんは、チェコで70年代から愛されている人気キャラクター。
チェコの子どもたちはみ~んな『アマールカ』を観て育ちます。
アマールカ はりねずみを助けた日(7分)

プログラム

リンゴの季節、妖精たちは上手に踊るために最初に色づいたリンゴを口にします。アマールカはリンゴを取ろうとしますが、はりねずみたちが邪魔して取れません。はりねずみたちが、お詫びにリンゴを取ろうとしてくれるのですが・・・。
アマールカ 鳥になった日(7分)

プログラム

わなにつかまった鳥を助けようとして、自分もつかまってしまったアマールカ。 逃げることができなくなってしまいました。魔法は森でしか使えないのです・・・。

予告VTR
春のメリー

プログラム

フランス/カナダ(27分)
ハチミツ売りに育てられたクマの子・レオンと森の王国の王女メリーの冒険ファンタジー。
メリーと結婚したいボニファシオが悪巧みを図り、街の人たちや王様が病気に…メリーは薬草探しの旅に、レオンたちはメリーを助けるためボニファシオに立ち向かいます。

予告VTR
ハーバーテイル

プログラム

日本(18分)
洋館の一部として。100年ものあいだ港街の移り変わりをずっと眺め続けてきた一片のレンガ。「あの四角いキラキラしたもの」が何なのか知りたくて、ある日ついに壁を抜け出します…。
レンガくんにさまざまな出会いが訪れます。
カバのティリーネック

プログラム

チェコ(11分)
カバのティリーネックはいつも元気いっぱい。いたずらだけど、おとなのカバやともだちから愛されています。ところが、ある日、人間のこどもから「太ってて、ぶかっこうでのろま」なんて言われてショックをうけてしまいます。
色彩豊かで美しいアニメーションです。
ラビオリ缶詰の魔人

プログラム

フランス/スイス(8分)
ラビオリ缶詰工場で働くアルマンが夕食のラビオリ缶詰を空けると、缶詰の魔人が飛び出し2つの願いを叶えてくれると言う。絵本をベースにした本作は、おとなの心をも癒すユーモアと優しさに溢れています。
ふくろちゃん
日本(5分)
松本の作家、チャーリーのエコアニメ。人気のキャラクター、レジ袋のふくろちゃんがコミカルにエコロジーを考えます
スキマのスケーリー

プログラム

日本(6分)
幼い子どもだけが会うことができる可愛いオバケ、そして怖いオバケ…
オバケと少年のふれあいを通して、こどもにはドキドキ感を、大人にはきっと誰しもが持っていた、不思議な想像力を思い出せるような作品です。
ぜんまいざむらい
日本(5分)
この町に「善」を広めるため、ぜんまいざむらいは遠い過去からやってきた。善を広めると、あたまのぜんまいが巻かれて、命がのびるのだ。得意技は「必笑だんご剣」。どんなプチ悪事でも見逃さない!今日もからくり大江戸で大活躍!
ちびとらちゃん

プログラム

チェコ(12分)
とても怖がりで、仲間のトラから縞模様を取り上げられてしまったちびとらちゃん。でも、病気のおかあさんの為に勇気をふりしぼって、嵐の中お医者さんのもとへ向かいます。

*都合により上映作品が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。